横浜市の産後母子ケア事業で産後ケアセンターを使いたかったけどダメっぽいから使わなかった

私は横浜に住んでいるのですが、横浜市では産後支援として産後ケアセンターの利用に補助をしています。

すごく良い制度だな使いたいな、と思ったのですが、利用のハードルが高くて結局利用しませんでした。

どういう制度なのか、なぜ使わなかった(使えなかった)のかを書きます。

チカ

ニュートラルに書こうと思ったけど、わりと愚痴っぽくなってしまった・・・

横浜市の産後母子ケア事業について

どういう制度・支援なのか

「家族から支援を受けることができない」などの理由で育児に不安がある人を対象に、産後ケア施設に入所して助産師などからアドバイスを受けることができる産後の支援です。

この支援を利用すると、産後ケア施設への入所の料金が安くなりショートステイ(日中のみ)で2,000円、デイケア(宿泊)で6,000円で利用できます。(横浜市からの支援がない通常利用は1泊2~3万円くらい)

ただし、利用するには条件があります。

横浜市産後母子ケア事業の利用条件

横浜市の産後支援を利用して産後ケア施設に入る場合、以下の条件があります。

以下、横浜市の公式サイトから引用です。

以下の条件全てに該当する産後4か月未満のお母さんと赤ちゃんが対象です。
利用にあたっては、事前にお住いの区役所の保健師や助産師が家庭訪問等でご心配なことを伺ったうえで、利用の可否を判断します。
・横浜市民の方
・育児不安などから自宅での育児に支障がある方
・家族などから産後の支援が受けられない方
・サービス利用時に母子ともに治療中の疾患がない方(※)

引用元:https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kosodate-kyoiku/oyakokenko/ninshin/sangoboshikea.html

産後1ヶ月、満身創痍だったけど「利用できなさそう」と言われた

産後1ヶ月、高熱と帯状疱疹で限界だった

私は里帰り出産だったのですが、両親も遠方で仕事があるので1ヶ月検診を終えてから横浜の自宅に帰りました。

が、帰らなければよかった・・・・・・・・・

里帰りから帰ってきた直後に、40度の高熱に襲われ、帯状疱疹になりました。

頭も痛いし、手首も痛いし、帯状疱疹で顔面が痛いし、高熱でふらふらになりながら赤ちゃんのお世話をするのは本当に大変で心身ともに疲れ果てました。

夫も頑張ってくれましたが、多忙を極めていて毎日0時帰り。

精神的には「赤ちゃんかわいい」でなんとか頑張れたのですが、赤ちゃんは容赦なく泣くし寝ないしで休むことができず、体が全然回復しなくて本当に辛かった。

横浜市には産後支援があることを思い出して、産後ケアセンターで回復させてもらいたいと思い、それを心の支えに頑張っていました。

助産師・保健師の家庭訪問で相談したけど

横浜市の産後支援は、産後ケアセンターの入所以外にも保健師・保育士の家庭訪問という支援があります。

家庭訪問してなにをするのかというと、近所の子育てサロンの説明だったり、世間話だったり、赤ちゃんの体重を測ったり・・・という感じでした。

産後鬱じゃないかな?みたいなのをチェックしてるんじゃないですかね。

で、この訪問のときに「産後ケアセンターの説明があるんだろうな、そのときに入所させてほしいと言おう」と思っていたのですが、産後ケアセンターの説明がないまま終わりそうだったので、私から「産後ケアセンターの支援の話を聞きたいのですが」と言いました。

まず言われたのは「よく調べていますね」みたいな感じ。

まじ辛かったから行政に頼る方法を必死で調べたさ。

で、「産後ケアセンターの入所は、かなり狭き門というか、なかなか入れないんですよね~」と言われました。

なにかというと、本当に限界な人じゃないと難しいと。

  • 先週まで1週間ほど高熱が続いていた
  • 帯状疱疹は過労の一歩手前らしく体が限界※薬を飲んだのでウイルスはいなく、感染しない状態
  • 実家は遠方で働いているため支援がない
  • 夫は0時帰りで土曜日も仕事、出張も多く不在が多い
  • とにかく体が限界なので休みたい・寝たい

ということを伝えたけど「大変でしたね。でも限界な人ではないと、難しいと思います。判断するのは私ではないので、区役所に来てください。」と言われまいた。

本当に限界な人って、なに!?!?!?

 

区役所に行く元気・時間があったら寝たい

産後ケアセンターの利用可否の審査は区役所のこども家庭支援課でやっているらしく、区役所まで出向く必要がありました。

いや~、あの~、ぶっちゃけ言うとその時間あったら寝るよね・・・・・・・・・・・・

てか「本当に限界な人」って、区役所まで行く元気ある~~~~~~~~~?????????????(私はなかったね)

支援があるのに使えない ハシゴを外された感じでショックだった

「横浜市は産後の支援をしています!」っていうので、心身ともに疲れ果て、心はギリギリ保っていたけど身が限界だったので産後ケアセンターを利用したいと思って、支えにしていたのですが、まあ「本当に限界な人じゃないと使えない」と言われ、ハシゴを外された感じでかなりショックでした。(Twitterでも愚痴ったww)

利用できない支援・制度だったらないほうが良いよ。

使いたいと思っても使えないショックはすごかった。

Twitter見てると、区によって難易度が変わるっぽい

私が住んでる区は、書かないんですけど、Twitter見てると区によって産後ケアセンター利用の難易度が違うっぽいです。

あっさり(という書き方も良くないのかもしれないけど)利用許可がでた人もいれば、「どうみても限界な状況だよね、この状態で入れないって制度として破綻してるのでは?」って思うくらい限界な人も私と同じことを言われて利用できない人もいました。(ちなみに、どうみても限界な人は私と同じ区に住んでる)

住民税同じなのに区によって利用審査の難易度違うってどうなのwwwwwって思いますけど。

「赤ちゃんかわいい」でなんとか踏ん張れたけど

結局、産後ケアセンター利用のための審査はしませんでした。

利用可否通らなそうと言われているのに区役所のこども家庭支援課まで行く体力・気力はありませんでした。

体は限界だったけど「赤ちゃんかわいい」でなんとか頑張りました。

チカ

使えるお金には上限があるから「本当に限界な人」以外は利用できないのかもしれないけど、基準が曖昧すぎるし支援として成り立ってないよね。

第二子は横浜市以外の地域で育てたいなと思いました・・・・(横浜好きな人、ごめん)